どうすれば50代が正社員で転職できるか考察するブログ

記事一覧

  • 50歳面接戦略

    書類選考に面接と辛い日々が終わったら、ホッとしますよね?中高年の中には再就職を果たしたものの、内定後にトラブって問題を起こしてしまう人がいるので注意してくださいね。特に、口頭での内定承諾によるトラブル、入社後の人間関係のトラブルは後を絶ちません。せっかく頑張って内定を勝ち取ったとに、これでは苦労が水の泡です。そうならないためにも、中小企業の特色を押さえておきます。郷に入っては郷に従えという言葉があ...

    記事を読む

  • 50歳転職すすめ方

    ほんの少し前までは考えられませんでしたが、以前の職場に出戻るケースが目立ち始めてきました。もちろん誰もが望めば戻れるわけではありません。私と同じくリストラされた者の中には、ちゃっかり元の職場に出戻った奴もいて、彼らは内々に前職の上司に声をかけてもらっていたようです。また、組織が大きく変わった時はチャンスですよ?勢力図が変わり、元同僚が経営陣になったから戻れたッて話もたまに聞こえてきますから、職場に...

    記事を読む

  • 50歳転職現実

    さほどこだわりがない人はさっさと転職してしまいますが、こだわりが強い人にとって50代の転職は想像以上に過酷です。テクニックを掴んでしまえば割と簡単ですが、転職攻略本に載っているような正攻法で攻めると想像以上に時間がかかります。また、私のように転職歴が多い人は、苦労するのは目に見えています。そんな人がかかてしまうのが、転職うつと呼ばれる症状。俺は大丈夫!と言い切る人ほど危ないので、よく聞いて欲しいので...

    記事を読む

  • 50歳転職未経験

    人生いつ何時なにが起きるか分かりませんよね?私自身、仕事も家庭も順調であっても、ある日突然職を失い途方にくれる思いをしました。今こうして私のブログを読んている皆さんは、何らかの理由で転職を強いられているのではないでしょうか?やむを得ない理由で転職を強いられた場合、元のさやに納まりたくても、競争が激しすぎて書類選考にすら通らない可能性も無きにしも非ずです。特に、私のように総務人事職や、管理職のポジシ...

    記事を読む

  • 50歳転職未経験

    この日本においては、在籍期間を給与に反映させる、いわゆる「お疲れ様給」的な給与制度が整備されてきました。貨幣価値を考え、物価上昇と共に給与は上昇カーブを描くように設定されてきましたが、2008年のリーマンショックで企業の考え方は大きく変わりましたよね?かつては、本人の能力や実績に関係なく、次年度の後輩との給与格差を生み出すために微妙ではありますが、ベースアップを繰り返してきました。そういう背景がある日...

    記事を読む

転職する50代へ最後のアドバイス!内定が出たその後はどうすればよいのか?

413981.jpg

書類選考に面接と辛い日々が終わったら、ホッとしますよね?

中高年の中には再就職を果たしたものの、内定後にトラブって問題を起こしてしまう人がいるので注意してくださいね。

特に、口頭での内定承諾によるトラブル、入社後の人間関係のトラブルは後を絶ちません。

せっかく頑張って内定を勝ち取ったとに、これでは苦労が水の泡です。

そうならないためにも、中小企業の特色を押さえておきます。

郷に入っては郷に従えという言葉があるように、まずは職場に馴染むのが先決。

中小企業の良い点は、なにより意思決定が速いことですよね?

同じフロアの中に経営者がいることが多いので、意見をダイレクトに伝える機会はいくらでもあるし、個人の実績が評価に繋がりやすいのもイイですね。

ただ、中小企業の欠点は、やはり大企業に比べ、給料や福利厚生が良くない企業がまだまだ多いってこと。

私も昭和の香り漂う古き良き中小企業に入社しましたが、セクハラ・パワハラ当たり前、トップの恫喝も毎日のように聞ける…そんな職場でした。

(職歴が付いてしまう前に自主退職しました)

リストラされて転職活動した際、8社分の内定を勝ち取りましたが、うち半分以上が労働基準法違反真っただ中。

マニュアルも整備されておらず、引継ぎもままならない状態。

他からやってきた私は、なんてひどい職場なんだ?と驚きましたが、そんな職場でも頑張って働いている人はいるので、あまりディスるのはどうかと思います。

あくまで私は新人です。

職場がどうこう言う立場ではないので、身を引くならこちらが引くべきです。

相談相手がいないことも不安を増長させる原因ですよね?

些細なことで対立してしまうと、最悪の場合、退職に繋がってしまうので、職場批判は絶対に辞めておきましょう。

「職場に入ったら、どんどん職場改善していってほしい」というタテマエを信じて、入社したその日からガンガン改善を始めてしまう50代も少なくありません。

マジで…

(彼は2週間と経たないうちに、私を含めた社員全員を敵に回し退職していきました)

本音と建て前と上手く付き合いながら、新天地での生活を満喫してください。

スポンサーサイト



カテゴリ
タグ

円満退職のすすめ!出戻りする場合に備え完璧に引継ぎをこなしていこう

11140668.jpg

ほんの少し前までは考えられませんでしたが、以前の職場に出戻るケースが目立ち始めてきました。

もちろん誰もが望めば戻れるわけではありません。

私と同じくリストラされた者の中には、ちゃっかり元の職場に出戻った奴もいて、彼らは内々に前職の上司に声をかけてもらっていたようです。

また、組織が大きく変わった時はチャンスですよ?

勢力図が変わり、元同僚が経営陣になったから戻れたッて話もたまに聞こえてきますから、職場に在籍したのが長いなら、退職する際は、いつでも戻って来れるよう円満退職すべきですね。

私の場合は、リストラして散々喧嘩して最悪な退職の仕方になっていまいました。

できることなら惜しまれつつ退職したかったのですが、元同僚から声をかけられても戻るに戻れない状況でした。

可能なことなら、引継ぎも完璧に仕上げ、立つ鳥跡を濁さずにして去るのがよいでしょうね。

今の世の中、まさか手書きでマニュアルを作っているのではないと思いますが、引き継ぐ社員が十分理解できるまでは、携帯電話でやりとりするなど思いやりを持つべきですね。

これは物凄く多いケースですが、けんか別れした後に、離職票の発行や、年末調整のお願いなどをしなければならないことが多いのですが、会社側から嫌がらせて離職票を発行してもらえないとか、源泉徴収票を再発行してもらえないこともあります。

そうなれば、ハローワークで失業保険を受けるタイミングを逃してしまったり、転職先で年末調整できない非常事態に陥ります。

最後に気を付けなければならないポイントを教えておきます。

それは、転職活動をしているなら水面下で行ってくださいね。

同僚をはじめ、行きつけの飲み屋の主人や売店のおばちゃんに至るまで、誰にも話さないのがセオリーですよ?

私も経験があるのですが、職場のパソコンを使って求人検索する場合は、キャッシュを消すぐらいの慎重さは必要です。

その辺り詳しくなければ、会社のパソコンやメールは使わないことですね。

私は以前サーバーの管理をしていましたが、転職活動の様子だけでなく、エロサイトを閲覧した記録、その他いかがわしいメールもすべて筒抜けになっていますから。

バレてないと高を括っていても、裏では人格を疑われるかもしれません。
タグ

意外な盲点!転職うつは他人事手は済まされないすぐそこにある病気

1791326.jpg
さほどこだわりがない人はさっさと転職してしまいますが、こだわりが強い人にとって50代の転職は想像以上に過酷です。

テクニックを掴んでしまえば割と簡単ですが、転職攻略本に載っているような正攻法で攻めると想像以上に時間がかかります。

また、私のように転職歴が多い人は、苦労するのは目に見えています。

そんな人がかかてしまうのが、転職うつと呼ばれる症状。

俺は大丈夫!と言い切る人ほど危ないので、よく聞いて欲しいのですが、失業期間が長ければ長くなるほど、この傾向は顕著になっていきます。

この精神疾患は、真面目な人ほどかかりやすく、責任感が強い人や、絶対に正社員として転職しなければならない希望に満ち溢れている人は危険ですよ?

仕事と違い転職は、思うようにならないことの方が多いです。

思っていた以上に時間がかかるのは、自分の意志ではなく、選考先の都合や、仲介してくている転職エージェントの采配によって変わるからなのです。

3か月で転職したいと考えていても、外的要因が強すぎて、すぐに5か月、7か月と時は過ぎていきます。

別に時間がかかってもいいよ、じっくり転職先を選定したいんだよ、一生に係ることだんぞ!って考えるでしょうが、失業保険がもらえる期間は限られています。

刻一刻と迫る失業保険のリミットが迫りくる恐怖は、リストラされて失業した者にしか分からない体験です。

話を戻しますが、軽いうつ状態になると夜眠れなくなりますね。

転職うつの怖いところは、きっと転職活動で疲れているからと誤認してしまうこと。

気付いた時には、再就職叶わぬ状態に陥っている可能性もなきにもあらずです、これまでに感じたことのない不安やめまいを感じたら、まずは近くの心療内科の診断を受けてみてください。

間違って欲しくないのが、近くのかかりつけの病院に行ってしまう行為ですよ?

彼らは内科医であって、心のプロではありません。

十中八九、「ただの疲れからくるものでしょう」と明後日の診断を出してきますから、気を付けてくださいね。
カテゴリ
タグ

まずはプライドを捨てよ!異業種未経験にチャレンジするための心構え

1398493.jpg

人生いつ何時なにが起きるか分かりませんよね?

私自身、仕事も家庭も順調であっても、ある日突然職を失い途方にくれる思いをしました。

今こうして私のブログを読んている皆さんは、何らかの理由で転職を強いられているのではないでしょうか?

やむを得ない理由で転職を強いられた場合、元のさやに納まりたくても、競争が激しすぎて書類選考にすら通らない可能性も無きにしも非ずです。

特に、私のように総務人事職や、管理職のポジションは倍率が高いことで有名ですから、未経験の職種に転向するのも一つの手。

未経験でも40代50代の中高年を積極的に採用している業界は、ご存じ、介護・タクシー・警備・マンション管理人。

しかしこれらの職種も、リーマンショック以降大手企業をリストラされた人たちが応募してきたため、以前ほど簡単でなくなってしまいました。

とはいうものの、依然これらの業界は、総務や人事などの人気職種に比べ、割と簡単に採用されるケースは続いていますので、安心してください。

私は介護現場におてい10年ほど採用に携わりましたが、大手企業出身者、管理職などのポジションが付いていた人ほど長続きしない現状を見てきました。

こういう風潮もあってか、過去の実績や経験した役職を考慮しなくなってきたのも事実。

マンション管理人は、管理室に座っているだけのお気軽な仕事と思われがちですが、入居者との人間関係や、カスハラ、モンスターペアレンツでストレスがたまる一方と聞いたことがあります。

そこに住んでいる住民からすると、自分たちの子分のように扱う人たちまで出始めていますから、給料が割に合わないと考えるようです。

マンション管理人と同様に、ただ突っ立っているだけと思われがちな警備員も、面接でNGを喰らう元重役や大手企業出身者が後を絶たないそうです。

これらの現状からみて、プライドが高い50代が異業種未経験の職種でやっていくのは不向きです。

まずは、50代のプライドを捨てて取り組んでみてはいかがでしょうか?

官公庁の委託職員は未経験でもねらい目?まずは活躍して人間関係を構築しよう

1c4126672ab156dc72fbbb0d2569be2e_s.jpg

この日本においては、在籍期間を給与に反映させる、いわゆる「お疲れ様給」的な給与制度が整備されてきました。

貨幣価値を考え、物価上昇と共に給与は上昇カーブを描くように設定されてきましたが、2008年のリーマンショックで企業の考え方は大きく変わりましたよね?

かつては、本人の能力や実績に関係なく、次年度の後輩との給与格差を生み出すために微妙ではありますが、ベースアップを繰り返してきました。

そういう背景がある日本で中途で転職する場合、年齢が高ければ高いほと高い給与を払うことになるため、50代は圧倒的に不利なのです。

他にも高い年齢の社員を取りたがらない理由もあります。

社員の平均年齢を保ちたい場合や、少しでも長く働いて欲しい願いがあるため、体力や気力が圧倒的に高い20代30代を採用します。

しかし、そうは言っても50代であっても未経験で採用されやすい業種や業界はまだまだ存在します。

ひとつ例を挙げると、官公庁の委託職員ではないでしょうか?

昨年は、いわゆる氷河期時代の40代を対象に官公庁が契約社員や正社員を挙って募集したことが話題になりましたが、調べてみれば以外にも中高年を募集している役所は少なからず存在します。

50代の中には、官公庁の求人は有限だからと最初からスルーする人が多いのですが、真面目に働き、就業先で人間関係を構築することができれば、契約が終了しても次の職場を紹介してもらえたケースはいくらでも報告されています。

基本的に官公庁の臨時職員は、予算の関係上、いつ出るのか?全く分からないため、情報をキャッチしにくいのですが、広く網を張って探していると思わぬ求人にぶち当たるので、発見した時点でまずは応募してみるべき。

契約期間は大概3か月から6か月です、予算が付かなくなった場合契約解除になる恐れもありますが、先述した通り、うまいこと人間関係を構築してしまえば、官公庁でなくてもコネクションを掴むことは可能。

うまいこと情報をキャッチしてみてください。
Copyright © どうすれば50代が正社員で転職できるか考察するブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます